暮らし方

共働き世帯における趣味と家事のバランスについて

趣味VS家事

こんにちは!tomoです。
今日は、共働き共家事生活における、趣味との向き合い方についてです。

共働き共家事生活は時間がありません。よって、趣味の時間を取ることは非常に難しいです。しかし、そんな余裕の無い生活だからこそ、趣味に没頭する時間が欲しいものです。何かに集中する時間を過ごすことは脳のリフレッシュとなり、生活に潤いも与えてくれます。

とはいえ、趣味に時間を費やすには、パートナーへ予定を伝える必要があります。例えば、我々夫婦の趣味は、以下の通りです。

ダンナ: ロードバイク
ツマ : ショッピング

ダンナの趣味であるロードバイクは、休日丸1日を消費します。一方、ツマの趣味であるショッピングは、半日程度で済みます。よくある会話として、

会話例①
ダンナ「ごめん、週末ちょっと山で走ってくるわ」
ツマ 「なんで急にそんな予定を入れるのよ!こっちは休めないじゃない!」
ダンナ「取引先と行くんだよ。ほとんど仕事みたいなもんなんだよ。。」
ツマ 「・・・(いつもそうやって、遊びに行ってるだけじゃない)」

会話例②
ツマ 「ちょっとデパート行ってくるわ」
ダンナ「(え、なにそれ急すぎ。。こないだ俺のときは文句言ったくせに)いいよ。」

・・互いに納得できてませんね。急に予定を入れられると、あまり良い気はしません。そして、こういったやり取りが蓄積することで、余計なストレスが溜まってしまうこともあります。

共働き共家事と趣味を両立するには?

趣味に没頭する時間を取るには、パートナーの助けが必要です。「家を不在にする間、家事と育児の負担を相手にお願いする」という事実と向き合いましょう。そして、「交換条件」を提示する必要があります。

趣味の時間を得るための交換条件とは

趣味の時間を得るためには、それなりの対価を払う必要があります。例えば、「土曜の家事は全部やるから、日曜はちょっと外出してきてもいいかな?」とか、「ちょっとショッピングしてくる。お土産にあなたが大好きなケーキを買ってくるよ」などです。相手を気にかけているということを、しっかりと行為と言葉で伝えましょう。

ちなみに我が家では、ダンナの方が趣味に費やす時間が長いので、「平日の家事負担割合を6:4、必ずお土産を買って帰る」ことで妥結されています。そのラインは家庭それぞれですので、しっかりとパートナーと会話をすることが大事ですね。

本日は以上です。ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ
暮らし方

橋本マナミさんが産後4週間で復帰し叩かれた件

2020年8月13日
トモバタ 建設サラリーマンの共働きライフハック
こんにちは。tomoです。 先ほど、橋本マナミさんが産後4週間で復帰された際に「『子供への愛情が足りない』と叩かれた」という内容のニュースを拝見しました。 「子供は、実の親 …
暮らし方

【シュワっとしたい夏におすすめ】身体に良いリンゴ酢サワーのご紹介

2020年7月28日
トモバタ 建設サラリーマンの共働きライフハック
いよいよ蒸し暑い季節がやってきましたがいかがお過ごしでしょうか。 こんな日には、仕事終わりのビールが欠かせないという人は多いかと思います。 …